« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月 5日 (水)

関東大会県予選 試合結果 5/4

【関東出場決定戦 一回戦】

50-79 慶応高校

1Q 12-13
2Q 26-28
3Q 32-51
4Q  50-79

前半から慶應の術中にはまり、ハーフ終了時点で26-28と極めてロースコアのゲーム展開で後半を迎え、
後半テック得意の早い展開でのゲームを期待するも、いつのまにかまたまた慶應ペースのゲーム展開に
なり、最終的に29点差の敗北でした。
 
次回は必ずやリベンジあるのみ。チーム一丸!


【監督談話】
本日も応援ありがとうございました。
ご覧のとおりの結果で残念です。
昨日の東海戦までは進歩を感じさせてもらっていたが、今日は新人戦のときと
同様の状態に戻ってしまった。非常に残念だ。
部員たちには非常に厳しい言葉をかけているが、これも獅子が子供を谷底に落とす気持ちと同じで、
這い上がって来て欲しいという気持ちからです。ご理解を。
次のインターハイ予選も厳しい戦いが予想されますが、
引続き応援のほどよろしくお願いします。


【コーチ談】
新人戦で県ベスト16,関東で県ベスト8と一段ずつ成長しているのは間違いありません。
しかし、4強とまでには非常に大きな壁があり、その壁を乗り越えるには強い精神力、忍耐力が必要です。
今のテックはその壁に当たっていると思います。この壁を乗り越えるための頑張りが欲しい。
ご家庭でもサポートをよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東大会県予選 試合結果 5/3

【準々決勝】

73-82 東海大相模

1Q 18-24
2Q 35-46
3Q 51-63
4Q 73-82

2Q一時は逆転も後半力つきました。

本日はいつにも増して沢山の現役・OBの方々の応援ありがとうございました。
速報のとおり惜しくも73-82という結果でした。

県大会に入り、毎回、白熱戦が続いており心臓に悪いものの保護者会としては
嬉しい悲鳴ですね。
ベスト4は逃しましたが、関東大会への切符は未だ1枚残っており、
明日からの順位決定戦が正念場です。


【監督談話】
結果は残念であったが、新人戦のときと比べチームは間違いなく成長している。
今日は同じミスを繰り返す悪いところが出てしまったが、ここまで来たのだから
残り試合は悔いの残らぬようやるしかない。
引続き頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします。

【コーチ談話】
技術、体力は略互角だったと思う。
点差は勝利への執念、気持ちの差だと思います。
明日以降、気持ちを切り替え頑張って欲しい。



明日も全く侮れない慶應高校が相手です。
チーム一丸で応援を引続きお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

関東大会県予選 試合結果 5/1

【三回戦】
86-84 厚木東

20-20
43-37
51-61
77-77
 9- 7

本日も沢山の応援ありがとうございました。
関東大会県予選準々決勝、厚木東戦は、速報のとおり、

延長の末86-84で辛勝でした。


前回の試合では、消化不良になりましたが、今回はドキドキハラハラ
心臓に悪かったです。


でも、勝ちはやはり嬉しいですし、選手にもプラスになりますよね。接戦をものにする力が今後必ず大きな力となると思います。



【監督談話】
本日も応援ありがとうございます。
立ち上がりはまぁまぁなのですが、ミスが続き詰められると崩れてしまう。
そのような中、今日は途中出場の選手がよく踏ん張ってくれ た。
今までのチームならそのままズルズルいってしまうところ、
4pからスタートメンバーが奮起し、追いついて、最後は逆転で
ゲームをものにしてくれた。
ベンチメンバー全員がよく役割を果たしてくれた。
次回の相手も簡単には勝たせてくれない相手だが、
テッ クも相応の練習をしているつもりなので、練習成果を出せるよう頑張っていきたい。GW中ですが引続き応援をよろしくお願いします。



【保護者代表より】
今日は本当に選手も応援席もみんなよく頑張っていたと思います。
応援席にいる選手も保護者も自主的にあのような大きな声で応援していたのは初めて見ました。
帰ったら、是非コートに出た選手にはフィジカルケアを、その他の部員、
保護者はのどのケアをお勧めしますの で、よろしくお願いします。
次回は秦野総合体育館です。新人戦優勝校の胸を借り、思い切ってぶつかって欲しいものです。ま た応援のほどよろしくお願いします。


=次の試合=
5/3(月) 11:30~ 対東海相模  於 秦野総合体育館

5/4(火)  3日の結果による

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »